ラミクタールと腹部と脳症状について

ラミクタールはおもに、てんかんの症状に対して、予防するために服用する医薬品です。躁鬱病の症状に対しても、ラミクタールを予防の医薬品として処方することもあります。ラミクタールのメイン成分は、ラモトリギンであり、興奮性の神経伝達物質の遊離を抑える作用が働きます。それにより、てんかんによる発作を予防することにもなりますし、躁鬱病での気分のアップダウンを抑えることにもなります。

脳梗塞の前兆とも言える脳症状には、日頃から注意が必要です。脳症状は軽く考えていると、実は体調が崩れているSOSであるケースがあるためです。脳症状に異変を感じたら、自己判断で完結させるのは危険です。めまいや立ちくらみが激しくなったり、目の焦点が合わなくなったり、ろれつが回らないとか、顔や手足が麻痺してくるなどは、脳梗塞の前兆ともいえます。症状は消えたからといって、油断しないことも大切です。

腹部に痛みには、大きく3つのパターンがあります。腹部の痛みのひとつは内蔵痛で、疼くような、きりきりした痛みが、ある程度の間隔をおきながら継続します。医療や胆のう、尿管などといった管腔臓器が、体内において無理に伸びたり縮む時の痛みです。腹部に感じる内蔵痛よりも痛いのが、体性痛です。30分以上継続する痛みで、突き刺すような痛みが特徴です。体を少しでも動かすと痛みは増しますし、地面を歩いただけでも痛みが響きます。体性痛の場合は、痛みが引くのを待つケースよりも、手術になるパターンが多いです。炎症を起こしている部位の刺激が強いと、関連痛を起こします。隣接している神経線維を刺激するため、ほかの部分にも痛みが置きます。腹部だけにとどまらず、ほかにも痛みが生じたりします。

ページトップへ